カテゴリー: 未分類

引越し見積もりは一括や電話でもらおう。

No Comments

引越しというものは、引越しする時期や、引越し先への移動距離、荷物の量などで費用が大きく変わってきます。

例えば繁盛期である2〜3月は、通常の時期よりも引越し費用が高くなります。
また、単身者よりもファミリーの引越しの方が、当然ながら費用は高くなります。

最近では引越し業者も様々で、単身向けの引越しを得意とする業者や、長距離の引越しを得意とする業者など様々です。

オプションサービスもそれぞれ魅力的なものばかりなので、自分の引越しタイプに合った業者選びが重要になります。

まず引越し費用の見積もりを要求しましょう。

この時に注意したいのが、依頼するのは複数の業者にするということです。
複数社に提示させることで相場を知り、価格競争が望めます。
私の場合、引越し仙台安いと検索して1位表示する業者から見積りをとります。引越し見積もりの依頼の方法は、ネットでの一括見積もりサービスか、電話による依頼か、業者のホームページから依頼する方法がポピュラーです。

複数の業者に一度に依頼できる一括見積もりサービスは非常に便利で、業者選びの参考になりますよ。
折り返し業者から電話にて連絡があることがほとんどですので、その際にスタッフの接客態度をチェックするのもよいですね。
いくら費用が安くても、いいかげんな業者に依頼することはおすすめできません。
金額だけでなく、サービスや対応などもじっくり観察し、業者選びをするようにしましょう。
早めに行動し、しっかりと準備をしておくことが、引越しの成功のカギといえますね。

Categories: 未分類

リサイクル業者「ピノキオ」

No Comments

過去に宮崎県在住で彼氏と同棲していたのですが、結婚を機に名古屋に移り住むことになりました。その時、家財道具一式を名古屋に運ぶのが面倒だったので処分することにし、利用したのがリサイクル業者の「ピノキオ」です。私が処分した家財道具はそれは膨大にありました、ベットからソファ美顔器、冷蔵庫、オーブンパソコンデスク、こたつ等です。がしかし、その業者さんは一つ一つをチェックすることなく「はい、これは0円ですね」と言ったのです。ビックリして思わず「これ全部0円なの?」と聞くと「はい。むしろ廃棄処分料をいただくものもあります。それはサービスしときますよ」と言われました。信じられませんでした。でも大型トラックで来ていますしどっちにしろ一気に処分したかったのでそのまま引き渡しました。その後、そのリサイクルショップに行ったことがあるのですが私が引き渡した物が結構な値段で売られていました。宮崎県の中でも田舎の方なのでやりたい放題なのかもしれません。店員さんの態度もとてもサービス業とは思えないものでした。

Categories: 未分類

安心回収便

No Comments

じぶんは現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。これは去年の体験談となっております。今年からですが、ゴミ回収に関してはこちらの業者にまかせることにしました。じぶんは私営のマンションに住んでおり、自治会の役員を担当しております。去年までは違う業者にお願いをしておりましたが、いろいろと不具合が生じるようになってしまいました。ゴミを回収する曜日や時間などは決まっており、以前は時間通りに回収してくれたのですが、去年は回収に時間差がかなり生じました。予定よりも6時間早く回収をしたこともあり、それでゴミを出そうとしても、できなかったことがありました。このままでは住人にも迷惑がかかるとお思い、こちらのパワーズさんにお願いをすることにしたのです。こちらはコストパフォーマンスもほんとうに素晴らしく、そして時間厳守で回収をしてくれるので、じぶんとしてもこちらの業者にお願いをしてよかったと思っております。

Categories: 未分類

リサイクルショップ アールイー

No Comments

3年ほど前、実家で同居していた私の祖母が亡くなった時に、不用品が山ほど出たそうです。
祖母は物持ちがいいといえば聞こえはいいのですが、その世代の人の特徴ともいえる性格で、なんでももったいないと言って置いておく人でした。
なので、ガラクタからある程度価値のありそうなものまで、ありとあらゆるものが出てきたそうです。

大きなものでは、箪笥3つ、テレビ2台(地デジ非対応)、テーブルとイス2客、祖母が娘時代から取っていた着物10着くらい、布団5組。
細々した物は鍋や食器類、礼服、普段着、靴、写真、本、手押し車(未使用)、などなど…思い出せないくらいたくさんの不用品がありました。
それぞれ、形見分けという形で欲しいとう親族にまずは引き取ってもらいましたが、圧倒的にゴミの方が多い状況でした。

そこで、実家の近辺にあるリサイクルショップ店にまずは電話で相談し、見積もりに来ていただきました。
しかも、そこで金額が合えば、当日にそのまま引き取っていただけるという事で、それも心強い要素でした。
金額は、やはりというか、妥当というか、二足三文にしかなりませんでしたが、不用品の山に埋もれてほとほと困り果てていた母は大変助かったと言っていました。

母も物を貯めこむ性格なので、祖母の遺品処理の際についでに、もともとは弟が使用していて今は誰も使わなくなっていたコンポや、母が若い頃に使っていたブランドのバッグなども売り払ったそうです。

Categories: 未分類

Hello world!

1 Comment

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Categories: 未分類